買い物かご
マイページ
新規会員登録
お問い合わせ
フリーコール:0120-109-996

ビタミン道 開発者が語るビタミンCの効力

ビタミンCに種類があるの?

「ビタミンCは体に良い物です」ということは誰でも分かっています。ただし肌に塗って良い物かどうかは良く理解して使用しないといけません。天然のビタミンC(L-アスコルビン酸)は体にとっては必須のビタミンです。飲んだり食べたりすることで体に補給していきます。余談ですが、18世紀の大航海時代に多くの船乗りたちは壊血病(体中から出血が起こる病気)で命をおとしました。果物のなかにそれを防ぐことができるビタミンCが含まれていることなどは知る由もありませんでした。ビタミンCのおもな働きはコラーゲン合成の促進、シミやそばかすのもとになるメラニン色素の生成を抑制する、体内の活性酸素(体が錆びるもと)を除去する作用などが知られています。この効果を期待して化粧品に配合する訳です。
しかし、ビタミンCはそのままの形では皮膚にはほとんど浸透しないのです。もちろんゼロではありませんが、本来の力を発揮するまえに壊れてしまうのです。さらに高濃度のビタミンCを直接お肌に塗ると肌の表面でビタミンCが酸化してしまい、お肌に深刻なダメージを与えてしまうことも多いのです。サプリメントとしてビタミンCを摂取することは多いに意味があると思いますが、ご自身が化粧品としてお肌に塗る場合には注意が必要です。私達はこの不安定なビタミンCを誘導体として用いることにより、これ等のビタミンCの弱点を克服しそのパワーを最大限に活かすことに着目しました。
ページトップ

ビタミンC誘導体って何?

ビタミンC誘導体とは何か?についてご説明しましょう。ビタミンC自体は非常に酸化されやすく不安定な物質である上に皮膚への吸収にも難があります。つまり、そのままではお化粧品に入っていてもあまり役には立ちません。このビタミンCに様々な分子をくっつけて「誘導体」の形にすることによりビタミンCは皮膚へ吸収されやすく、また壊れにくくパワーアップするのです。現在様々な種類の誘導体が開発されていますが、その効果や性質は様々です。

ビタミンCの種類

水溶性(主にローションなどに使用される)
ピュアビタミンC アスコルビン酸
リン酸型ビタミンCの仲間 アスコルビルリン酸Na、リン酸アスコルビルMg
その他 アスコルビルグルコシド、アスコルビルエチル
脂溶性(主にクリームなどに使用される)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP) (イソパルミチン酸アスコルビル)
水溶性・脂溶性両方の特徴を併せ持つ
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
ページトップ

ピュアビタミンCの問題点

非常に壊れやすいのがピュアビタミンCの特徴です。化粧品に配合してもすぐに使用しなければ酸化します(色が変わってしまうため)。ほんの一部は肌に浸透するものの、肌の内部でコラーゲンを合成したり、メラニン色素の生成を抑制することはほとんどできません。また、効果を期待して高濃度に塗布してしまうと、紫外線が当たった際などに肌の表面で酸化されて酸化型ビタミンCに変化してしまい、この酸化されたビタミンCから発生するアスコルビン酸ラジカルは皮膚をかえって傷つけてしまいます。
サプリや飲料としてビタミンCを摂取することは良いことですが、化粧品として使用する場合は十分な注意が必要です。高濃度で肌に使用した後に、UVケアをせずに紫外線にあたれば非常に危険です。簡単にいえば「肌に浸透しないうえに、安定していない」ということです。
ページトップ

ビタミンC誘導体(プロビタミンC)

ビタミンCには4本の手が付いています。
そこにどのような誘導体分子を結合させるかによって種類が異なります。

リン酸型ビタミンC(水溶性)

DPローションテクノホワイトの濃度5%(DPローション)は「安全性と効果」から考えた場合にベストの配合(濃度が高ければ良いという事ではない。リン酸とビタミンCを結合させて安定させている)。外気に触れても酸化しにくく、肌の中に入ってはじめてビタミンCとしての機能を発揮する。

VCIP(脂溶性)

持続性があり、ゆっくりと肌に浸透していくタイプ。長時間(48時間以上)にわたり肌の中の活性酸素を除去する働きがある。

APPS(水溶性・脂溶性両方の特徴を併せ持つ)

従来のビタミンC誘導体の中でもとりわけ高い浸透力を持つ最新のビタミンC誘導体。肌の奥(真皮)にまで直接届くため、特にコラーゲン生成作用に優れている。
ページトップ

コラーゲン合成に欠かせないビタミンC

冒頭でも触れた「壊血病」についてもう少し詳しく説明しましょう。
壊血病はビタミンCの不足が原因と説明しましたが、言い方を変えれば「コラーゲン」の不足から起こる病気とも言えます。
「コラーゲン」は人体の全たんぱく質の1/3を占めているタンパク質で、皮膚だけでなく骨、血管など体の主要な部分を構成しています。実はこのコラーゲンは「ビタミンC」なくしては生成されません。体内にビタミンCが供給されなくなるとコラーゲンが生成されなくなるため、血管はボロボロになります。そう、壊血病はこのコラーゲンが不足して血管がボロボロなり全身から出血することによって起こるのです。「コラーゲン」と「ビタミンC」がいかに密接な関係があるか、このことからお分かり頂けるでしょう。
このようにビタミンC誘導体には、強力なコラーゲン合成能力があります。肌に浸透し、内側からコラーゲンを作るため、開き気味だった毛穴がキュッと締まります。

プロビタミンCで小顔効果も!? -- DPローションの上手な使い方

皆さんがお使いのDPローションにはより効果の高い利用法があります。それが「マスクシート」。なんと、ローションを肌につけるだけの場合に比べ、浸透性は数十倍。この方法でプロビタミンCを肌に浸透させると、ニキビの改善率が高くなったり、肌のキメが整って肌色が明るく見えるなどの効果があらわれます。また、頬のラインが引き締まるなどの小顔効果も!これは見逃せない、と思った方も多いのではないでしょうか。
それでは、実際に行う際のポイントをご紹介します。
マスクシートのポイント
(1) メークを落とし、洗顔する。
(2) マスクシートにローションを染み込ませ、10~15分パックする。
※ 顔にのせる際は気泡が入らないよう、ご注意ください。
※ 途中でマスクが乾いてきたら、精製水を霧吹きでスプレーします。
5%以上の高濃度プロビタミンC配合の化粧水では、刺激が出ることがあります。その場合は、ローションを2~10倍まで薄めて使っても十分効果がみられます。その際は毎回使用する分だけを希釈するようにしてください。
ニキビ治療の外用薬として、病院やクリニックで使用されるうちに美白効果やキメを整える部分が注目されるようになった「プロビタミンC」。使用感を改善し、使いやすく製品化したのがダーマサイエンスシリーズです。

プロビタミンCは・・・【きめ細かい肌を実現します】

プロビタミンCには、驚くほど肌のキメが細かく整う効果があり、大体1週間~1ヶ月以上使い続けると、こうした効果を実感できると言われています。
肌の真皮層の約70%がコラーゲンでできていますが、コラーゲンはいくら肌の上から塗っても、皮膚の中のコラーゲンを増やすことはできません。ところが、肌のコラーゲンを作る「繊維芽細胞」にプロビタミンCの一種「リン酸型ビタミンC」を加えたところ、コラーゲンの量は約2倍にもなりました。つまり、プロビタミンCはコラーゲンを作る細胞の重要な存在なのです。
ページトップ

メラニンは嫌われ者?

多くの女性が「メラニン」と聞くと「シミやそばかすの原因」と考えてしまうのではありませんか?しかし「メラニン」は肌にとって重要な防衛隊です。太陽からの紫外線を吸収して「黒い傘」を開くことで肌へのダメージを少なくしてくれるのです。それでもやっぱりシミになる・・・という声が聞こえてきますね。一部の化粧品に配合される美白剤はメラニンを減少させる働きがあります。この場合は完璧な紫外線対策を施さないと危険です。肌の防衛隊がいない状況ですから、紫外線の害がもろにお肌に出てしまいます。プロビタミンCの美白効果はメラニンを抑制しながら活性酸素を除去していきますので、メラニンが減少してもしっかりと素肌を守ることができるのです。

Beauty Column

美的好奇心
教えてドクター
ビタミン道
DP Mail Magazine
ホーム > ビタミン道
ページトップ