ドクタープロダクツを代表する成分

テロメア遺伝子とは?

■ テロメア短縮の抑制効果とは?

私たちは細胞分裂を繰り返して生きていますが、人の細胞が分裂してできる回数は約50回。細胞の中で遺伝子DNAの両端にはテロメアという部分があり、細胞が1回分裂するごとに、まるで回数券を使うようにその一部が切り取られます。約50回分裂すると回数券はなくなり、細胞は分裂できなくなるのです。
このテロメア短縮は自然の摂理でやむを得ないことですが、活性酸素は細胞分裂とは無関係にテロメアをどんどん切ってしまい老化を早める原因になります。ドクタープロダクツのビタミンC誘導体はこの老化を早める活性酸素の働きを抑制するので、テロメアを無駄に消費するのを防ぐ働きがあります。
テロメア短縮の抑制効果とは?